« 韓島と猛鬼遺跡のこと | メイン | 「説明不足」と陳謝 (H21.03.16 朝日新聞) »

2009年3月12日

「説明不十分だった」 (H21.03.12 毎日新聞)

mainichi_090312.jpg

■平成21年3月12日 毎日新聞
大田市不燃ゴミ処分場建設
「説明不十分だった」
市長陳謝
説明会にも初出席


大田市が同市仁摩町宅野に計画中の不燃ごみ処分場建設
の賛否を巡り、地元が紛糾している問題で、竹腰創一市長が
「説明が不十分だったと反省している」と明言。7日に開かれ
た地元の自治会長会で陳謝した。また、15日開催の地区住
民全体を対象にした説明会に初めて出席する意向を示した。

地元では、建設に反対する住民らが昨年末に「宅野の自然と
生活環境を守る会」(山上光俊代表)を結成。候補地選考の
十分な説明と、完全な合意がないまま計画を進めないことを
求める501人分の署名を市長に提出するなどの運動を展開
している。

市は先月末、蓮花正晴副市長以下幹部が、自治会単位で7回
の説明会を開催。会場では、賛否両論の住民同士が口論に発
展したり、市長の出席を求める声も上がった。

市はこれまで、守る会の「候補地決定から地元住民への周知
が遅すぎる」という指摘に対して、「自治会長会で説明した」と
いうスタンスを保ち、両者は平行線をたどっていた。竹腰市長
も「地元には誠心誠意、説明していきたい」と答えるにとどまっ
た。

しかし、市長は7日の自治会長会に、冒頭のあいさつとして出
席。毎日新聞の取材に「説明が不十分だったので、素直におわ
び申し上げた」と話した。さらに、10日の記者会見では「反省し
ている」と地元への説明不足を認め、一歩踏み込んだ姿勢を見
せた。

全体説明会は15日午前10時、地区の「からしま会館」で開催。
市長が、地元住民に説明するのは今回が初めてとなる。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.caferoman.com/movable/mt-tb.cgi/499