« 「説明不足」と陳謝 (H21.03.16 朝日新聞) | メイン | 「意見集約 月内に協議」 (H21.03.16 山陰中央新報) »

2009年3月16日

「ごみ処分場計画 大田市長が陳謝」 (H21.03.16 読売新聞)

yomiuri_090316.jpg

■平成21年3月16日 読売新聞
ごみ処分場計画 大田市長が陳謝
賛否巡り地元紛糾で

大田市は15日、竹腰創一市長が初めて同席して、同市仁摩町
宅野の不燃性ごみ処分場建設計画の住民説明会を地元のから
しま会館で開いた。市長は約120人に、賛否を巡り地元が紛糾し
ている事態を陳謝した上で、建設に理解を求めた。

竹腰市長は冒頭、「私共の説明が不十分であったため、現在に
至ったことをおわび申し上げます」とし、「同意していただけるの
なら全国に誇れる施設を整備し運営したい」と述べた。

質疑応答では、市から意見集約を求められている宅野地区自治
会長会の藤間照治会長が「全体のとりまとめをなぜ自治会長会
がしなければならないのか、との意見がある」と述べ、地区住民
による賛否を問う投票を実施したいとした。
これに対し市長は「方針決定は(投票ではなく)自治会長会の判
断でお願いしたい」と述べ、住民からも同調する意見が出された。

藤間会長は説明会後「近く自治会長会で今後のことを協議したい」
と話した。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.caferoman.com/movable/mt-tb.cgi/506