« 市長出席の全体説明会 | メイン | 14人全員が建設賛成 (H21.03.21 山陰中央新報) »

2009年3月18日

住民発言受け市長再提案 (H21.03.17 毎日新聞)

maiinichi_090317.jpg

■平成21年3月17日 毎日新聞
大田市ゴミ処分場建設
住民発言受け市長再提案
仁摩町宅野
自治会長会と平行


建設の賛否を巡って揺れる大田市の不燃ゴミ処分場問題で
15日、竹腰創一市長が始めて参加し、建設予定地とされた
同市仁摩町宅野の公民館で計画説明会が開かれた。

地元自治会長の藤間照治会長が「これ以上町を二分するこ
とがあってはならない。最終的には(地元の)住民投票で決
めるしかない」と苦渋の決断を表明した。
しかし、市長は閉会のあいさつで「方針決定に際し、自治会
長会にお願いする方向でいかがか」と再提案したが、別の自
治会長が「それは自治会の問題。内政干渉だ」と制する場面
もあった。

説明会には住民120人が参加、竹腰市長や冨田正治・市民
生活部長ら市幹部が出席した。冒頭で、市長が説明不足に
ついて陳謝。「不燃物処分場は最終的に循環・再生できない
ゴミを処理する施設。生活や自然環境、外観に配慮する」とし
理解を求めた。

住民から「有識者や専門家、住民を交え、原点に戻って話し
合うべきだ」「自治会で結論を採らず、市が判断してやったら
いい」という意見が出た。「自治会長でとりまとめを願いたい」
という発言を受けて竹腰市長が「そういう方向でいかがか」と
意見集約したが、自治会長の一人が「自治会の問題に市長
が介入するのは内政干渉だ」とさえぎった。

説明会終了後、藤間会長は「住民投票が一番納得いく考え
方」と話した。さらに、住民投票の意味は市民全体ではなく、
地区住民を対象にしたものだと説明した。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.caferoman.com/movable/mt-tb.cgi/508

コメント

古いドラマを見ているような話です。
有識者・専門家・住民をまじえて、検討することが何故できないのか。=反対ではないことに
気づかないのか。何故そんなに急ぐのか。ゴミ処理場は必要かもしれません。しかし環境へ
の影響も、他地域の状況を見れば、考えるのは当然。説明不足ですみません、なら、諸問題
を検討するんでしょう。でもやりますでは不安は解消されない。